生理前や整理中には、憂鬱になることがありますね。イライラしたり足がむくんだりと、外出もおっくうになる日もありませんか?
これは女性ならではの二種類のホルモンのバランスによるものです。生理とホルモンの関係はどのようなしくみでしょうか。

黄体ホルモン

生理前に分泌されるのが黄体ホルモンです。生理中の気になるイライラや憂鬱な気分は、このホルモンに起因しています。
このホルモンは、ニキビやシミのもとになる皮脂の分泌を増やします。生理前に肌がオイリーになって普段と違うのは、このホルモンの作用です。肌のべたつきが気になって洗顔をする回数がふえてしまいますが、このホルモンが多いときは肌が敏感になっているので、洗顔は丁寧に優しく、回数を増やす様にしましょう。
また、こんな肌トラブルがあると、肌を整えたくて、美白クリームやアンチエイジングの化粧品を使いたくなりますが、これは逆効果です。刺激の少ない一般的な化粧水などを使用して、肌を清潔に保ちましょう。
20歳を超えての大人ニキビの原因は、不規則な暮らしやストレスも要因となります。黄体ホルモンが多く分泌されているときに、生活面での負担が重なると、一層ニキビなどが気になることになります。
生理前は、規則正しい食事や睡眠を心がけましょう。

卵胞ホルモン(エストロゲン)

生理後に多く分泌されるのが卵胞ホルモンです。エストロゲンと言ったほうが広く知られていますね。これは、コラーゲンを増やす働きがあります。ですので、美肌を作るホルモンと言えます。
エストロゲンの大きな役割は、妊娠できる体を保つことです。過度なダイエットやストレスなどで生理の周期が乱れてこのホルモンの分泌がされないと、肌の潤いがなくなり、老化が進みます。
生理のサイクルが順調であるかどうかは、肌を美しく保つことやストレスのない健康な日常を過ごせているかどうかのバロメーターでもあります。
エストロゲンは、生理が始まると分泌が増え、30歳代をピークに閉経を迎えると急激に減っていきます。
エストロゲンは、女性らしい体や肌を保つホルモンなので、生理後の分泌が多いときは美肌効果のある化粧品やアンチエイジングのための努力が生かされるときです。表面的だけではなく、内面からもこのタイミングを生かすには、大豆などエストロゲンの分泌を助ける食品の摂取です。豆腐や納豆を食事のメニューに加えると効果があります。
それぞれのホルモンの分泌されるタイミングを知ることで、イライラが解消されて適した肌のケアもできますね。

当サイトおすすめのラミューテ

ラ・ミューテ公式サイトボタン