肌の再生は睡眠中!

肌や体調を整えるためには、ビタミンなどの栄養素や摂取カロリーなど、食事に気を配るかたは多いですね。実は、食事よりも大切なのは睡眠です。肌と睡眠には、どのような関係性があるのでしょうか。
人は、睡眠中に体の修復を行っています。修復に大切な成長ホルモンは、眠りによってコントロールされ、眠り始めて約3時間のうちに多く分泌されていると言われています。
成長ホルモンは、肌の真皮に潤いとハリを与えるコラーゲンの合成を促す役目や、細胞の再生にも関係しています。再生される細胞には、表皮、真皮、皮下組織や筋肉など、肌のハリやツヤを保つのに大切な細胞も含まれています。
また、日中は血液が脳に集中していますが、睡眠中は血液が体の全体に流れて栄養分を運びます。これによって、一日過ごして疲れた体が元気を取り戻すことができます。そして、皮下組織を流れる血液で、副交感神経の働きもよくなるので肌の色やツヤもよくなり、老廃物の排出を助けます。
十分な睡眠がとれなかった翌日には、体がだるかったり、頭痛がしたりと不調を覚えるのは、この成長ホルモンの分泌が上手くなされなかったり、血液が十分に体を潤すことができなかったからです。
睡眠中の細胞の修復には、最低でも約6時間は必要と言われています。短い睡眠は、翌日の肌の調子や体調に大きな影響を及ぼします。毎日の睡眠を大切にしましょう。

規則正しい睡眠を!

人間には体内時計があると言われています。長らく夜10時~深夜2時ゴールデン・タイムと言われ、この時間に睡眠をとると肌がきれいになると言われてきました。現在では、この時間に寝るのは社会生活の中で、なかなか難しいですね。今は、深夜0時~0時30分ぐらいに眠りにつくとよいと言われています。
睡眠は規則正しくとることが大切です。眠りにつく時間がまちまちだと、体内時計が乱れて、成長ホルモンの分泌が十分にされなくなります。
これによって、翌日に疲れが残り、肌が荒れたりクマが出来たりの原因となります。
毎日、同じ時間に寝るようにしましょう。

上質の眠りが大切!

成長ホルモンは、眠りに入って3時間までに多く分泌されるので、この間にリラックスして上質の睡眠を確保することが大切です。
最近は、寝る寸前までパソコンや携帯電話の画面を見ているかたも多いですよね。これでは、脳がいつまでも活発に動いていて、なかなか眠る準備ができません。寝る1時間ぐらい前からは、部屋の明かりを暗くしましょう。暗い中で静かに過ごしていると、体や脳を睡眠へと促すホルモンのメラトニンが分泌され、眠りに着くことができます。カーテンを遮光タイプにして、外の明かりにも邪魔されない環境づくりもできるといいですね。

ノンレム睡眠とレム睡眠

睡眠にはサイクルがあります。眠りの深いノンレム睡眠と眠りの浅いレム睡眠が交互に訪れます。1時間半ごとに繰り返されているので、1.5の倍数で睡眠時間がとれるようにすると、よいサイクルで睡眠を確保することができます。
もっとも気持ちのいい目覚めは、浅い眠りのレム睡眠で目覚めることです。ノンレム睡眠→レム睡眠→ノンレム睡眠…と、繰り返すことになるので、3の倍数の睡眠時間で目覚めると、さらに快適な睡眠と目覚めになります。
目が覚めたら部屋を軽くして体を動かしましょう。
十分な睡眠とすっきりした目覚めが、肌や体をリフレッシュしてくれます。

当サイトおすすめのラミューテ

ラ・ミューテ公式サイトボタン