スキンケアと生活習慣

誰でも、ニキビに悩んだことがありますよね。オイリーな肌質だから仕方がないとか、洗顔をすれば治療になるとか、いろいろと試してみた方もいるのではありませんか?
でも、結局はニキビができてしまうメカニズムがわからなければ、解決はできませんね。
ニキビはどうしてできるのでしょうか。
皮脂はニキビの原因ではありますが、肌に皮脂が多いオイリータイプの人にだけニキビができるわけではありません。乾燥肌の人や顔の中でも皮脂の少ない頬にニキビができる人もいます。
ニキビは、毛穴に皮脂がたまることや肌の角質が厚くなることによって毛穴の出入り口をふさいでしまったことが原因です。皮脂がたまっただけの症状だと白ニキビですが、毛穴の中でアクネ菌が繁殖して炎症を起こすと目立つ赤ニキビになります。
アクネ菌がニキビの原因菌と思われがちですが、アクネ菌は皮膚の常在菌です。肌の表面のバランスを保つ働きをしているので、すべて殺菌してしまうとかえって他の菌が繁殖することになります。アクネ菌は、毛穴の中にたまった皮脂を好んで繁殖するので、必要以上に毛穴に皮脂を残さないように、洗顔など自分に合ったスキンケアをすることが大切です。
ニキビができる大きな原因は、他にもあります。ストレスや不規則な生活もそうです。これによってホルモンバランスが崩れて免疫力が低下すると、食欲がなくなり十分に睡眠がとれないような状態になってしまいます。ニキビができる以外にも、健康にも美容にもよくない影響が及びます。
ニキビができるメカニズムは複雑で、皮脂、アクネ菌や生活習慣など多様な要因が重なっています。人はそれぞれ体質や生活のサイクルが違うので、個々にニキビのケアの方法が違ってきます。ニキビが慢性化している場合には、専門の皮膚科を受診するようにしましょう。

20代からのニキビ!

10代の頃にできたニキビとちがって、20代を過ぎてできるニキビは厄介です。あごの周辺にできて、治りにくく、跡が残りやすいという特徴を持っています。これは、食生活や睡眠不足などが重なるとできて、不規則な生活が続くと悪化してしまいます。特に、睡眠不足は肌全体のバランスをくずすので、ニキビができることを助長してしまいます。
ニキビのない美肌を目指すには、生活習慣の改善が必要です。

ニキビは予防できる!

ニキビは、突然肌の表面にあらわれてきたように感じますが、そうではなく長い準備期間を経ています。蓋をしてしまった毛穴の中で、皮脂やアクネ菌が炎症を起こし、まるで地下で噴火を待つマグマのように、いきなり爆発して表面にあらわれたものです。肌にあらわれて気づくのは、もう症状の最終段階ということになります。
ニキビは、できてしまってからでは治すことが難しくなります。日ごろのケア、食生活の見直しやストレス解消の運動をするなど、日常からの注意が必要ですね。

当サイトおすすめのラミューテ

ラ・ミューテ公式サイトボタン